RSS

日本酒アドベントカレンダー:12月16日

日本酒アドベントカレンダー:12月16日

「日本酒アドベントカレンダー」の投稿、第三弾です。
http://www.adventar.org/calendars/97
16日めの記事、ですね。

長年の友人、yasuyui氏の主宰している「スゴ本オフ」の2013年忘年会Ver.に参加してきました。

「スゴ本オフ」=「この本がスゴい!」と紹介しあうオフ会。
毎回さまざまなテーマを扱い、たいていオモシロ企画や飲食がついてくる。
主宰はyasuyuki氏とDain氏かな。
今回は「酒」がテーマ。「スゴ本オフ」兼、「スゴ酒オフ」。酒にまつわる本のみならず、リアル酒も持ち寄りましょうという、これに参加しなくてどうする回です。
※2013年のベスト本も一応、テーマでした。

準備のもろもろがあり、酒屋さんは割と近所にある「唐木屋」にしました。
なかなか道が覚えられないのですが、店の最寄り駅を目指していけば何とか着きます。
ここが「え!いま営業しているの!というか、つぶれてないの?!」というような外観なのですが(ごめんなさい)、さらに、入ってみると二の足を踏んでしまうかも知れません。中が薄暗いのだもの。
レジの位置におばあさんが座っていてギョっとするお客さんに「お酒は光がダメだっていうからね~暗くてごめんなさいね~」と言う。私は2回目なので、ギョっとはしなかったのですが、言われた。
なんとか目をこらし、慣れてくるとラインナップの独特さに期待と緊張が走ります。
選んだのは四合瓶で2本。

そしてオフ会では美酒と佳肴があつまるわあつまるわ!
もちろんみなさん、本も持参。参加者が次々とプレゼンするなか、私は会場にある日本酒の特徴をちょっと紹介しました。
ちょうど開始から1時間ぐらい経った頃なので、日本酒いってみようという方もチラホラ…
会場にはキッチンもあったので、持参した「ちろり」で燗酒もつくりました(あ、ちゃんと自分の持ってきたお酒で、です)。

唐木屋で選んだうち一つは、なんとBY(醸造年度)が平成19年!
いまが平成25年ですので、6年ものの古酒です。
日本酒は1年以上たつと、「古酒」と称されるのです。
古酒は、年月がたつほどに色や香りが付いていきます。
紹興酒に喩える人も多いです。
加えて、お酒に使う酵母の中では珍しい協会8号酵母です。

写真をアップしましたが、さほど着色していないのは、きっと涼しいところで眠らせていたのでしょう。
最初の一杯にしては、とっつきにくいかなと思いましたが、ほろ酔いの方も多いのか「飲みやすい」と好評でした。
コックリしているかに思えて、余韻は長く、しかしキレがすっとする感じでした。

もう一本が純米大吟醸。百十郎といいます。
一般的に、お酒の種類によって適した温度があるとされ、純米大吟醸を燗につけるなんて、居酒屋では滅多にないことです。
やってみましたら、元がちゃんとしているので温度に負けませんね。
冷や、燗につけたばかり、燗ざましとさまざまなパターンで遊びました。
お酒のあれこれについて固定観念を捨てて楽しめるパーティー、楽しい!

惜しむらくは本のプレゼンをきちんときけず、ゆっくりできなかったこと。
yasuyuki氏、Dain氏、参加者のみなさん、ありがとうございました。お騒がせしました。

繰り返しますがパーティーはいいですね。来年は少人数で企画しようかなと思います。

広告

withoutsugar(みどり) について

情報の整理と企画(主にWeb)企画からディレクションまで手掛けます。趣味は飲酒。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。